自宅!バリアリフォームNAVI

バリアフリーリフォームのちょうど良いタイミングって?

バリアフリーリフォームの導入を検討している方の大半が持つお悩み、それは、「実行に最適なタイミングはいったいいつなのか?」です。一緒にお住まいの高齢者の方や障害者の方の身体的な事情、また経済的な面を考慮して最適なタイミングで導入したいと感が手いる方が大変多いようです。

しかし、それぞれのご家族の事情によって様々なケースがありますから、一概に「この時期が最適です」とアドバイスをすることは誰もできません。急に介護の必要性が出た場合などはリフォーム導入に緊急を要しますが、そうでない場合はなかなか踏ん切りがつかず先延ばしにしてしまうこともあるでしょう。

しかし、リフォームには大変なエネルギーと時間、そしてお金が必要です。ですから、「さぁバリアフリーリフォームを導入するぞ」と決意しても、そのタイミングですぐに家の中に変化が訪れるわけではありません。

ですから、一応の目安として「50代後半までには」「身体障害者認定のレベルが上がるまでには」と、一定の期限を設けておくのが得策です。その期限にあわせて、費用をためたり、知識を用意しておけば、家族の方全員が納得するタイミングでバリアフリーリフォームを導入できるでしょう。

バリアフリーリフォームを先延ばしにしてはいけない理由

一般的に、障害者の方の身体機能は年齢とともに退化してしまうといわれています。ですから、バリアフリーのタイミングが遅れれば遅れるほど、必然的に多機能のバリアフリー設計が必要となります。

また、高齢者の方は、加齢が進むとともに、周囲に対する順応性が乏しくなってしまうそうです。ですから、バリアフリー導入が遅れて、高齢者の方が年を重ねていくほどに、新しい環境になかなか適応できなくなる恐れも出てきます。こうした理由が背景にあるので、早めのバリアフリー導入をオススメしたいのです。

下準備だけでもしておきましょう

緊急の介護対策が必要ではなく、また、経済的余裕も無い時、バリアリフォーム導入の見通しが立たないこともあるでしょう。そうした場合でも、わずながらの、バリアリフォーム下準備だけでも施しておくと良いでしょう。

例えば、手すりをつける可能性のある壁には前もって下地改修だけでもしておく、出入り口(門・玄関・部屋)などにある余計な物は排除しておくなど広くておくなどが下準備として実行できることです。